快適な家をつくる際の条件とは何かをハウスメーカーが解説します!

これから何十年も住み続けていく家にするために、何に気を付けたら良いのかご存知ですか。
今回は快適な家を作るために必要な条件を紹介します。

□長期間快適に暮らせる快適な家の条件とは

1つ目は基本的な性能です。
これは、耐震性、耐久性、耐火性、断熱性、防音性、防犯性など、住宅に欠かせない機能です。
住宅の基礎や柱といった構造の部分の耐久性はもちろんですが、耐震性や耐火性が優れていないと、安心して生活できる住宅とは言えませんよね。
このような当たり前のことを満たすのが長く住むには重要です。

2つ目は通気性や、光を取り入れることです。
住宅は基本性能だけでなく、快適性も必要です。
快適性に最も影響するのは風通しや日光です。
人通りが多い場合は「窓を作ったけど他の人の目線が気になって利用できない」とならないためにも、窓の配置は工夫が必要です。

3つ目は広がりを感じさせる家作りです。
家族構成によって必要な広さは変わりますが、ある程度の広く感じるための工夫は必要です。
例えば、それぞれの部屋は狭くても、リビングは広くとるといった緩急をつけることで広々と感じられます。

4つ目は将来的にリフォームが可能かどうかです。
長いこと生活していると、生活の方法が変化してきてリフォームをしたくなることがあるでしょう。
そのような時に、自由度を増やすためにリフォームがしやすい住宅が便利です。

5つ目はメンテナンスです。
長く暮らすためにはどんな耐久性が高い素材でも、その性能を保つためにメンテナンスが必要です。
しかし、メンテナンスは知識が無い個人で行うのは難しいです。
そのような場合に建築会社のアフターフォローが充実している会社を選びましょう。

6つ目は愛着です。
自分のこだわりや、希望を妥協せずにしっかりと反映させることで、住宅へ愛着を持てます。

□当社は皆様が安心できるアフターサービスを用意しています

先ほどアフターサービスが大切だと紹介しましたが、当社は10年間の瑕疵担保保障と5年間の住宅設備修理保証があります。
また、保証だけでなく、引き渡しの後の1か月、6か月、12か月、そのあとにも2年5年7年10年に定期点検を行います。
このように、皆さんに安心していただけるようにアフターフォローを準備しています。

□まとめ

今回は快適な家を作るための条件を紹介しました。
是非これらの条件を満たせるように、家作りを行っていきましょう。
当社はWB工法という夏は涼しく、冬は暖かい住宅を実現できる方法で家を建築しています。
興味がある方は、ぜひ当社へ気軽にお問い合わせください。

★お問合せは 0120-213-404

 kokoro2@itokensetu.com

★WB工法(深呼吸したくなる家)をもっと知るには

https://www.itokensetu.com/lp_kokyusuruie/

★プレゼント!!家づくり小冊子・土地探しはコチラ

 https://www.itokensetu.com/lp_siryou/

★資料請求はコチラ

 PCは https://www.itokensetu.com/mail_siryou.html

 スマホは https://www.itokensetu.com/sp/lp1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA