7月のお元気ですか?ハガキ。三峯神社の 御仮屋・赤い目の龍・わらじかつ丼

最近TVで連日「三峯神社」を目にした。俺を呼んでいる?!そんな訳はないが5年ぶりに「三峯神社」に行く事にした。

6月25日(土)8:00出発。「三峯神社」までは90km弱しかないのだが、抜け道がなく、頂上までの距離もあり、山道も狭く、人気のある神社なので、三峰口駅からのバスや観光バスが走り山道は30kmくらいのスピードとなるため時間もかかる。秩父湖近くなると混んできた。山道に入ると思った通りノロノロ運転で渋滞!!2時間ちょっとで駐車場に着いた。駐車場はほぼ満車。さすが関東最強のパワースポットとも言われているだけあり、相変わらず人気のある神社だ。

今回の目的は、御仮屋参拝赤い目の龍の写真撮り、そして参道にある「大島屋のわらじかつ丼」を食べる事。

「わらじかつ丼」は昔、西武鉄道のCMで吉高由里子や土屋太鳳がうまそうに食べていたかつ丼だ。名物にうまいものなし!それとも・・・・。

御仮屋(おかりや)・赤い龍の目・わらじかつ丼

霊気が充満する三峯神社のなかでも霊力が高い場所、御仮屋

境内の奥の山道を歩き、縁結びの木を通り越したところに鳥居があり急な階段を登るとお宮がある。静けさと空気の清々しさが何とも言えない。あれほど混んでいた境内だが御仮屋は数人の人しかいない。それほど知られていないのだろうか?

御仮屋(おかりや)は、三峯神社の眷属(けんぞく・従者配下)である狼(大口真)様をお祀りしているお社です。神話でヤマトタケル尊を守護したご眷属のオオカミが神域を護っているという。

神社内の狛犬は全てオオカミ(山犬)、三峯神社の神使はオオカミ。運気の低下を感じたり、良くない事が立て続けに起きているという方は「御仮屋」を参拝するとよいとされている。

本来なら「御仮屋」を参拝する前に「御眷属拝借(ごけんぞくはいしゃく)」という名前のお札を授かり祈祷をして頂き、その足で「御仮屋」を参拝すれば完璧?みたいですが、御眷属拝借(裏のお札とも言われている)のお札を授かると祈祷しなければならない事、時間がかかる事!そしてこのお札は頂くのではなく、1年間借りるので1年後返しに来なければならない!考えた末に断念!御眷属拝借は三峯神社の守り神である狼を1年間借り家の守護全体、火盗除、病気除諸難除などあらゆる難を跳ね返す効果があるとされています。秩父路、楽しいドライブでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA