快適な家づくりに欠かせない断熱についてご紹介します!

「快適な家を建てたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
快適な家づくりに欠かせないのが断熱ですが、高気密高断熱の家には実はデメリットもあるのです。
そこで今回は、高気密高断熱の家づくりのメリットとデメリットをご紹介します。

□高気密高断熱の家づくりをするメリットとデメリットをご紹介

まずは、高気密高断熱の家のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、光熱費が安くなるため節約や省エネにつながることです。
高気密高断熱の家は、外気の侵入を防いで室内の空気を外に逃さないという役割があります。
そのため、冷暖房を効率的に利用でき、冷暖房の利用頻度が下がり、電気代の節約にも効果的なのです。

2つ目は、部屋ごとの急な温度差が小さくなることです。
空気の侵入や流出を防げるということは、室内の温度差を小さくできるということです。
例えば、リビングは暖かいのにトイレに行くと寒くて震えるといった、急激な温度変化の心配は無用です。
温度差が小さくなるので、急な温度変化で引き起こされるヒートショックの防止にもなります。

ここからは、高気密高断熱の家のデメリットについて2つご紹介します。

1つ目は、夏場に熱気がこもりやすいことです。
高気密高断熱の住宅は、室内の空気を逃さないという特徴がありますが、これは夏場の熱気も室内にとどまるため、室内が非常に暑くなる恐れがあります。
また、においも室内にこもりやすくなるため、においの強い食事の後などは注意しましょう。

2つ目が、空気が乾燥しやすいので湿度管理が必要になることです。
高気密の家は、常に換気システムを使用する必要があるため、空気が乾燥します。
部屋干しの際は便利かもしれませんが、乾燥しすぎるのは良くないので、特に冬場は加湿器を使う必要があるでしょう。

□高気密高断熱の家と比較した通気断熱WB工法の家についてご紹介

高気密高断熱の家のメリットを兼ね備えながらデメリットをカバーしたのが通気断熱WB工法です。
通気断熱WB工法は、普段私達が自然に行っている生活様式による温熱効果を住宅に反映させ、室内温度や湿度を調整して快適にしようと開発されました。

家の床や壁、屋根に二重の通気層を設けて、室内空気循環装置を取り付けることによって、夏は涼しく冬は暖かい家を実現させます。
また、換気システムを使用せずとも自然と空気の循環が促されるため、空気が乾燥したり、化学物質による健康被害が起こったりする心配もありません。

□まとめ

今回は、快適な家づくりをしたいとお考えの方に向けて、高気密高断熱の家づくりのメリットとデメリットについてご紹介しました。
また、高気密高断熱の家と比較した通気断熱WB工法の家についてもご紹介しました。

詳しくはこちらで https://www.itokensetu.com/lp/
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

平屋建て完成見学会POP 太田市新田大根町

昨日(7月30日)から3日間、太田市大根町で平屋建ての見学会が行われています。

https://www.itokensetu.com/lp_kengaku_shanetsu/

積極的な説明を控えるためにPOPを作成しました。

説明をするのではなく、完成現場(POPも)を見ていただき、お客様からの疑問、質問に答えるイメージです。

これであれば、アピールしたいところにPOPを貼っておくだけ。お客様も目を止めてくれます。いくら優秀?な社員でも、現場見学会のすべてを説明はできませんし、お客様も興味のないことまで、すべて説明されても迷惑です。

お客様がPOPを見て興味を持っているところ、わからない事を質問したほうがいいと思いPOPを復活させました。

玄関のウエルカムボードは、完全予約制をとっていますので予約のお客さんです。夏の見学会は、お客様は普通動きが悪いのですが、まずまずの予約が取れました。ありがとうございます。

POPはこんな感じです、一部を紹介します。

興味がございましたら、いとう建設の現場見学会、モデルハウスの見学に是非お越しくださいね。

 

 

快適な家のカギは温度と湿度?ポイントをご紹介します!

快適な家とはどのような要素を持った家なのでしょうか。
実は、快適な家のカギとなるのは温度と湿度です。
そこで今回は、家の快適さを左右する温度と湿度についてご紹介します。
また、快適な家づくりの際におすすめしたいWB工法についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□家の快適さを左右する温度と湿度についてご紹介

家の快適さを大きく左右するのが、温度と湿度です。
どんなにおしゃれで最新の設備が備わった家でも、夏に暑かったり、冬に寒かったりすると非常にストレスが溜まります。
一般的に私たちが最も快適に感じる温度は、夏は室温約26度で湿度約50%、冬は室温約22度で湿度は約50%と言われています。
快適な家とは、外部の環境に関わらず冷暖房を多用せずとも快適な室温と湿度を1日中キープできる家なのです。

寒さや暑さ、湿気や乾燥を抑える家づくりを工夫することによって、夏も布団をかけてぐっすりと深く眠れ、冬の朝もスッキリと起きられるようになります。
また、玄関やお風呂場の脱衣所であっても冬に寒くて凍えるということがなくなります。

□快適な家づくりの際におすすめしたいWB工法について

ここまで家の快適さに温度と湿度が大きく関わることをご紹介しましたが、ここからは快適な家づくりの際におすすめしたいWB工法についてご紹介します。
WB工法は、部屋の外部に2重の通気層を作ることによって室内の温度や湿度をコントロールするものです。

外気温を感知して自動で開閉する通気制御装置によって、暑い夏には床下の吸気口から冷たい空気を吸い上げ床下と内壁の外側に流すことで、部屋全体の温度を下げます。
また、冬は冷たい外気を自動的に遮断し、通気層内の暖かい空気を還流させることによって少ないエネルギーで効率よく部屋を暖めます。

このように、WB工法は、家の温度や湿度が一定に保たれた快適な家づくりにぴったりの工法なのです。
また、暖房をほとんど使わずに温度や湿度を調節してくれるため、節約や省エネにも非常に効果的でしょう。
さらに、WB工法では建物の構造内部を空気が流れる仕組みになっているため、ダニやカビの発生を防ぎ、建物自体が長持ちするのも大きなメリットです。

WBで家を建てた お客様の声はコチラ

https://www.wb-house.jp/voice

□まとめ

今回は、快適な家を建てたいとお考えの方に向けて、快適な家のカギとなる温度と湿度についてご紹介しました。
また、快適な家づくりを叶えるためにおすすめしたいWB工法についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

WB工法をくわしく知るにはこちら https://www.itokensetu.com/lp/