◆桐生市広沢町で 現場見学会開催!◆

◆桐生市広沢町で 現場見学会開催!◆

・11月26日(金)~28日(日)

・完全予約制

・平屋風2階建ての大屋根の家

・施工面積 35.5坪

詳しくはコチラ

https://www.itokensetu.com/lp_kengaku_shanetsu/

<見どころ>

☆スペースを取らない「1本引き引戸」を重視した作りです。一直線の水回り動線の使い勝手の良さを体験してください。有れば便利なドライコーナーは脱衣所の隣でフル活動をします。

★高級感があるチャコール色の外観★玄関スッキリできるシューズクローク★階の床はくもりを感じるムクの杉板★リビングは開放感たっぷり勾配天井★使いやすい家事動線★雨の日も安心ドライルーム★希望通りにパントリータイルデッキ大型の納戸スペース

詳しくはコチラ

https://www.itokensetu.com/lp_kengaku_shanetsu/

ウルトラファインバブルの水のメリットをご紹介!

こんにちは、いとう建設です。

同じ水でも、たくさんの種類がありますよね。
今回はそんなたくさんの水の中からウルトラファインバブルを選んでいただいた際のメリットについてご紹介しますね。

⊡ウルトラファインバブルの定義について

100μm以下の泡を指すファインバブルは、大きさの違いで以下の2つに分けられます。

μmはマイクロメートルと読み10の-3乗mm、つまり1mmの1/1000の大きさ。

・マイクロバブル
1μm以上100μm未満 、12~14分で消失、白濁とした見た目

・ウルトラファインバブル
1μm以下、数か月~1年以上消失しない、透明な見た目

単位になじみがないので少しわかりにくいですが、ウルトラファインバブルの大きさはあのpm2.5が2.5μmなので、それよりも小さな粒子だということがわかりますね。

⊡ウルトラファインバブル水を使うメリットとは

*掃除量が減る!

排水溝や配管、トイレやお風呂の汚れを、水を流す度に洗い流してくれるため、常に綺麗な状態を維持してくれます。(小さな小さな泡の水なので汚れに中に入り汚れを分解してくれる)
垢やぬめりから解放されるので、手袋とマスクをして刺激の強い洗剤を流し込むことも、ブラシで鼻をつまみながら掃除することもしなくて良くなります。
一番嫌な掃除といっても過言ではない水回りの掃除から解放されれば、日ごろの家事ストレスが大幅に軽減されますね。

*美容や清潔感の向上

ルトラファインバブルは髪の毛や毛穴よりも微細な粒子なので、お風呂に入るたび肌や髪の毛に潤いを足してくれます。
血流の改善や体内温度の上昇が認められているので、冷え性改善にも効果的です。

実は、汗をかいた後に服が臭くなるのは、皮脂や汗に含まれるタンパク質の汚れが洗濯で落ち切らず、衣類に残って雑菌を繁殖することが原因です。
ウルトラファインバブルは繊維の隅々まで水が入り込めるので、においのもとになる細菌や落としにくい汚れを根絶してくれます。
部屋干しで乾きが遅くなった時はもちろん、汗をかいたときもすぐに拭けばにおわないので、清潔感を保てますね。

粘膜においても高い洗浄力をもたらすので、こまめな手洗いうがいをすることで風邪や感染症対策にもなりますよ。

*化学製品いらず

水自体に高い洗浄効果があるので、洗剤やシャンプー等がなくても十分きれいに洗うことができます。
お財布にやさしいだけでなく、環境保全にもつながるので、一石二鳥ですね。

⊡まとめ

以上、ウルトラファインバブル水を使うメリットについてご紹介しました。

粒子が微細であるという特徴がこんなにもたくさんの効果をもたらすことに、興味を持った方もいるのではないでしょうか。
もっと細かい効果を知りたい方は、ぜひ当社に聞いてくださいね。

もっと詳しく知りたい方はコチラ

https://www.itokensetu.com/lp_ufb/

 

床下の湿気は家に大きなダメージを与えています!ビバ材をご紹介

住宅の床下では、湿気が溜まってしまうことがあります。
実はこの床下にたまった湿気は、家に大きなダメージを与えています。
この湿気は、床に使用する木材を工夫することで改善できる場合もあります。
そこで今回は、床下の湿気に強いビバ材という木材を紹介します。

□床下の湿気が多いとどうなる?

床下の通気性が悪いと湿度が高くなり、湿気を好む害虫の温床になるなどして家に大きな影響を及ぼします。

シロアリは湿気の多い場所を好みます。
木材を食い散らかし耐久性を低くしてしまいます。

また結露ができるとそこにダニやカビが発生します。
床上まで湿気が上がってしまうと、ダニやカビを吸い込んでしまい身体に不調をきたす恐れもあります。

さらに、腐朽菌が発生すると木材の耐震性にも問題が発生します。
地震が起きたときに家が倒壊する危険もあります。
家の安全性は、生活する上で重要ですよね。

湿気が多いと結露が床下に発生しますが、この結露がなかなか厄介です。
結露が発生するメカニズムは次のようになっています。

空気中に含まれる水蒸気の最大値は、気温に左右されます。
ある温度で含むことができる最大の水蒸気量は、気温が高いほど多くなります。
そのため、気温が下がると空気中に入りきらなくなった水蒸気が水となります。
これが結露と呼ばれるものですが、床下は外と比べて気温が比較的低いことなどから結露ができやすい環境になっているのです。

□ビバ材を紹介します

一般的に家に使う木材は、それぞれの特徴によって適した場所ごとに樹種を分けて使用されます。
そこで湿気の多い床下を改善するためにおすすめなのがビバ材です。

床下に使用する木材は、家を支える重要な部分であるため丈夫さが大切なだけでなく、地面に近い、通気性が悪いなどの問題点を解決することが求められます。

ビバ材は防虫効果のある「ヒノキチオール」という香気成分を含んでいます。
そのため床下によく甚大なダメージを与えるシロアリに強い点がまずメリットです。

この「ヒノキチオール」は、カビなどの菌に対する抗菌効果もあります。

さらにビバ材は湿気や水に強いという点も特徴です。
地面からの湿気や冠水した際にも、他の木材に比べて、腐って耐久性が落ちる心配が少ないです。

以上がビバ材を床下に使用するメリットでした。
耐久性に期待ができることが分かっていただけたと思います。

□まとめ

今回は、湿気が床下に与える影響とおすすめの木材を紹介しました。
木造の家を建てることを検討している方は、ぜひビバ材を使用することも考えてみてくださいね。