初めての家づくりだから知っておきたい!住宅メーカーとの契約

家づくりをするほとんどの方が初めての家づくりです。

初めての家づくりだから打合せも、プランも仮契約を求められても、そう言うものかと思ってしまう。

ちょっとおかしくない!と思ってくださいね。おかしいと思ったらネットでの検索もしてみてくださいね。

最近来社した数組のお客様から、聞いた話は耳を疑う事が多くこれから家づくりをしようと思っている方にメーカーのやり方など少しでも役に立てればとカキコミする事にしました。

来社した数組のお客様とは?メーカーと仮契約したがキャンセルしたという方や打ち合わせで坪単価があがりすぎて納得できない方などです。

たとえば

★仮契約金(100万円前後)を払わないと、プランが始まらない!土地探しが始まらない!(すごい強気の営業ですよね、お殿様営業です)

★仮契約金を支払い、プランの打合せが始まると、できません、追加です、となり仮契約時の想定プランは坪65万円だったが打ち合わせを重ねるごとに価格は上がり続ける。坪70万円・・・・80万円・・90万円・と。

いとう建設(工務店)とハウスメーカーの全く違う間取り(プラン)作りの事!

・ハウスメーカー ➡ 気に成る「規格プラン」を選び変更するプラン作りです。(間取りの自由度がない・設計ルールが厳しい・仮契約をしないと土地探しや設計変更などできないなどのメーカーが多い)

・いとう建設   ➡ 規格プランもございますが基本は、お客様の希望をヒアリングしてプランをつくる自由設計です。あなたの造りたい間取りが可能です。

極端な言い方をすれば、ハウスメーカーの家は、ハウスメーカーのプランに合わせ生活するスタイルですが、いとう建設の家づくりは、お客様が造りたい家を形にする世界に一つしかない家づくりです。

ハウスメーカーの仮契約にご注意!ハウスメーカーで仮契約しキャンセルしたお客様から最近聞いた話ですが、メーカーに行き打合せでお客様が希望に近いプランを選びます。(例えば、なになにシリーズの32坪)そうすると

      

営業マンは仮契約をして頂いてからプランの変更の打合せと土地探しが始まります。と言われ仮契約を求められます。(工務店では信じられない事です。工務店では仮契約も何もしないで要望の土地探しが始まり、同時進行でプランを無料で打ち合わせが始まります。)

メーカーと仮契約したお客様は、標準価格+α このくらいの金額になるだろう、と思い仮契約します。(いくらかかるの?不安!)

家づくりは誰しも初めてなので、こういうものかと思い仮契約をしてしまいます。(おかしいと思ったら家づくりをした友人や、工務店などに聞いて見る事が必要です)

お客様は仮契約金100~200万円前後の仮契約金として支払います。(この時点でメーカーに主導権を与え縛られてしまう!)

      

ネットでメーカーの説明を見ました。仮契約のメリットとしてハウスメーカーは

あなたの家づくりの土地探しと設計(変更プラン)が始まります、デメリットは何もありませんとも書いています。とんでもない話ですよね!(怒怒怒・・・)

(仮)契約金100~200万円を払わないと土地も探してくれない変更打合せもしないという事です。信じられない!!(でも初めての家づくりのお客様はメーカーのブランド力の影響もあり、こう言うものなんだなぁ、と思ってします)

      ⇩

プラン変更の打合せが始まります。

・それはできません!間取りの変更できない箇所が多く変更できると追加追加となる。

・それは追加になります、それも追加です、追加追加追加・・・・・。

標準価格坪60万円台の家が70万円80万円・90万円・・。

      

お客様は、当初考えていたよりもかなり価格が上がり本契約をするか悩みます。

お金持ちの方は営業マンも良い人だし・・・私たちが望んだ変更だし・・。来月は値上がりすると言うし・・・結局契約をします。

来月、価格、見積額が上がります、は、メーカーの営業マンの口ぐせで、定番トークです、だまされてはいけません。

賢明な人は、価格がかなり上がってしまったこと、メーカーとの契約前にすべてかかる金額を知って、驚き、想定外の金額なのでキャンセルを考える。どうしてある程度の総額を始めに教えてくれなかったのかと不信になる。

しかし、早い段階で仮契約を促し契約するのはハウスメーカーの凄い戦略です。最後の契約時、いくらになるかなど言ってしまったら仮契約をしてもらえません!

賢い人は、思い切って契約解除を申し出ます。そして仮契約金の返却を求めます。ひどいところでは何回か行ったプラン打合せ費用も返還金から差し引きます。凄い!(決してメーカーは損をしない)

以上簡単にハウスメーカーの凄い営業戦略、仮契約の仕方を書いてみました。初めにプランを始める時、土地探しをする時、お客様の家づくりの総額を想定しなければなりません。家は¥2500万くらい、土地は600万くらい、いろいろな諸費は総額でこのくらい、と。

そして初めて行く、メーカーや工務店で、家づくりの予算は¥2500万くらいを想定しています。と言った方が賢明です。

そして契約する時は、すべてを入れていくらなのか?追加はないのか?の確認もしましょう。

その他費用(登記・銀行諸費・・・)すべてを知ったうえで慎重に契約をしてくださいね。

ネットで家づくりをしている人のブログを読み、賢明な人もいます。。

その方は、メーカーの営業マンに仮契約をお願いされ、定番の言葉で「来月になってしまうと価格が上がってしまいます、また・・・」と

賢明なお客様は、「プランの総額も決まっていないのに、なんで仮契約をしなければいけないのか、わからない、仮契約したければ2~3日の間に2プランと総額見積を提出してくれ!」と。

営業マンは寝ずに2つのプランと見積を仕上げ提出したのだが、プランも素人が書いたプラン、数万円で買えるソフトで書いたであろう図面だったという。総額見積も理解できない。

賢明なお客様は、家づくりの流れに、また仮契約に納得いかず断ったという事です。

長い文になってしましましたが、少しでも参考になればと思います。

いとう建設のHP   https://www.itokensetu.com/sp/

春野菜をいっぱい植えてみました!5月のお元気ですかハガキより

朝4時には明るくなる。毎朝4:30には起きて花の水やりと畑仕事を6時までするのが日課になってしまった。最近は程よい汗もかく。運動代わりにちょうどいい。体重の減ってきた!

野菜をうまく作るには雑草管理と殺菌殺虫の管理が大切と思い心掛けるがそれでもキャベツの葉が食べられたり、メロンの葉が変色したりする。そのたびにネット検索して対策を行う。野菜をつくるのは何度やっても難しいですね。

今年もいっぱいの野菜の苗を植え、タネをまいてみました。畑を調べてみたところ以下の野菜があります。ジャガイモ・キューリ・ナス・スイカ・サツマイモ・キャベツ・アスパラ・オクラ・ピーマン・レタス・カブ・トウモロコシ・メロン・ネギ・エシャレット・ウリ・イチゴ・ツルムラサキ・モロヘイヤ・イチゴ・ニラ・ニンジンそして海外の野菜のタネも撒いてみました。。中国からし菜・イタリヤ野菜ソーレとクレマズッカ・ビエトラ・トリコローレ。

昨年失敗したことを繰り返さないようにマイ野菜づくりノートに書いています。忘れてしまった事をこのノートを見るとすぐにわかるようにしています。

今年は、キューリとメロンの育て方を少し勉強し試しています。キューリの葉5節までは小ヅルを摘除して花を咲かせないツルを伸ばさない7節からは本葉2枚のすぐ上で摘芯すし親ヅルは手の届く範囲で止める。この3点を覚えておくだけでもいいキューリができる?!と言う事です。

メロンで面白いの雌花は孫ヅルにつきやすく、親ヅル子ヅルに咲く花はほとんど雄花だそです。

野菜つくりに興味にない方にはつまらない話ですよね。でも事務所に来た際は是非是非畑を見て美味しそうなものがありましたらプレゼントしますよ!

今年挑戦してみるのは、ミニトマトの「トスカーナバイオレット」ぶどうの粒のようなトマトで糖度8前後で糖度と酸味のバランスの良いトマトだという事です。

ネットで苗を買おうと思ったのですが売り切れなので15粒の種を買い12粒が発芽しました。すくすくそだっています。

<発芽したトマト>  

<こんなぶどう?トマトになる?>

苗が結構大きくなったのでそろそろ地植えするか、と思っている所です。すごく楽しみです。植える時は、初めての「トマトの斜め植え」も挑戦してみたいと思っています。苗を深めに茎の部分まで植えることによって根が多くなり養分をガッチリ取り入れることのできるトマトになる?と言う事です、果たして結果は???

キューリ、もう食べましたよ

キャベツジャガイモと?

12粒も発芽したので、事務所の玄関の花壇にも植えてみたいと思います。雨があまりかからないので、うまくいきそうです。

新土地情報!太田市鳥山上町。中古情報、藪塚に中古住宅

いとう建設の伊藤です。

つい最近、どこにも出ていない新土地として太田市鳥山上町の土地が販売されます。これから解体工事が始まります。県営団地の西の団地の良いところです。

ご興味がありましたら連絡をしてくださいね。

また、今日、太田市藪塚で中古住宅を売って欲しいと頼まれましたので近々調査に行ってきます。こちらもご興味がありましたら連絡をしてくださいね。

0120-213-404

幸手権現堂公園・桜堤へ桜を見に行くべぇ~4月のお元気ですかハガキより

堤の両側に1km以上も続く約1000本の桜のトンネル、堤の下には一面に広がる菜の花畑。ハガキのネタにでもなるか、と思い4/6朝8時頃、女房と東北道を走り行ってみた。もうすぐ幸手権現公園と言う所で渋滞が始まった。

凄い渋滞だ「もう少し早く出てくればよかったね」と女房。

公園のそばの信号にたどり着く。大きな駐車場がすでに満杯だ、混雑している。満車の看板が立っている。係員に「この先に駐車場はあるんですか?」と聞くと「第二駐車場があります」と第二駐車場も満車の看板が立っている。

また聞いた「この先に第三駐車場があります」しかしすでに満車。またまた聞く「1kmくらい行くと第四駐車場があります」「えっ1km先?参ったなぁ堤までどれだけ歩けばいいんだろう?」不安になる。第四駐車場でやっと空きを見つけ駐車する事が出来た。あとで聞いた話では第五駐車場まであり1000台の駐車スペースがあるという。

また駐車場の配置も堤を囲むように設置されていて第四駐車場から桜堤まですぐそこだった。あ~よかった!橋を渡ると菜の花畑が現れる、菜の花のいい香りが心地いい。菜の花の向こうには凄い桜並木が見える。

桜堤を階段でのぼると満開の桜のトンネルが出迎えしてくれた。「凄い!最高だね!」人人ひと・・・とにかく混んでいる。「出店も凄いね!」いろいろな出店が並んでいる。

桜も最高だが出店を見るのも楽しい。あとで調べると、何と約100軒の出店(露天)が出ているという事です。

スケールが違いますね。権現公園の桜堤の桜は全国で5位にランクされるほどの桜祭りだそうです。桜まつりの期間中の人出は100万人、何を聞いてもすごいですね。今年はもう終わりましたが、行ったことのない方は是非来年行ってみてはどうでしょうか?私は来年も行くつもりです。歳をとると「あと何回、桜を見られるんだろう」」と寂しい言葉をよく聞きます、私もその年代に入ってきましたが私は、そんなセンチメンタルは持ち合わせていませんが桜はいいですね。

この堤では6月〜7月中旬には100種10000株の色とりどり紫陽花。9月には真っ赤に染まる300万球の曼珠沙華が土手いっぱいを埋め尽くすそうです。さあ!5月の連休は今年も春野菜をいっぱい植えようと思います。元気です!

古酒ウィスキーのお話。3月のハガキより

ちょっと凝り始めた? ウィスキーのお話

山﨑18年旧ラベル・山﨑10年グリーンラベル・山崎2017リミテッドエディン・山﨑12年100年周年記念ボトル・竹鶴21年・白州10年グリーンラベル・ニッカ17年・マッカラン12年旧ボトル・・・

月2本くらいのウィスキーを購入している。購入先は、8000円~12000円くらいのウィスキーくじが多い。

ウィスキーくじは、ハズレが参加賞のウィスキーとなり損をしても2000円くらいです。

先日は、8000円くらいのくじで山﨑12年100年記念ボトル(¥35000円相当)が当たった!ヤッタ~!

くじの他にいろんな応募がある。これが当たれば凄いウィスキーが手に入るのだが・・・いまだ当たらず!

アマゾンリクエスト・やまや・ジョイフル本田などからウィスキーを買う時も応募する時もいろいろ調べる。

山崎のウィスキーにしても12年よりも10年の方が値段が高く価値がある?なぜ?10年は2013年に終売され作られていないからです。またシングモルトとピュアモルトの違い。山崎と白州ではシングルモルトよりもピュアモルトが断然高い。製造本数なのだろうか?

シングルモルトのシングルとは、1つの蒸留所のモルト原酒を混ぜ合わせたウィスキーでピュアモルトは異なるシングル、異なる蒸留所のシングルを混ぜ合わせたウィスキーだそうです。ここで疑問?ピュア?の意味って混じりけのない純粋と言う意味なのに、どうしてピュア?わかんねぇ。ウィスキーに興味のない方には、つまらない話ですよね!つまらない話は続きますが、奥さん!儲け話もありますよ?山崎リミテッドエディションの話、リミテッドエディションのシリーズは 2014~2017年に終りましたが2021年に復活して2022、2023年と年1回、1000本が限定で販売されます。

限定で1000本ですからなかなか当たらないですよね?だから買ったとたん倍以上で売れるんですね。(転売無垢敵はNGですよ)例えば2023年度のリミテッドエディションは定価が11000円ですが、楽天などで35000円前後で販売されています。私の持っている2017リミテッドエディションは11万円~12万円。2014リミテッドエディションは22万円~23万円です。どうですか?これから2024リミテッドエディションも発売されるものと思います。

是非、応募したらどうでしょうか?4月からウィスキーが値上がりします。特に高級ウィスキーは100%以上の値上がりもします。もはやウィスキーは投資ですね?!

<山崎18年 2017リミテッド 山崎10年グリーン>

古酒ウィスキーブームは、いつまで続くかはわかりません

が値段がダウンする事はないと思われる。10年後が楽しみです。

10年後、売るか?飲むか?・・・。